Saiの自由なイラスト(2)

ハロウィンの期間だけホームページの画像が変わっています。

 

f:id:rainbow_hamada:20161028151244j:plain

 

季節ごとに変えていくかもしれないし、そうでもないかもしれないし…。

まあ僕は発案するだけで制作はSaiの方なんで、彼女のやる気次第かもしれません。

 

 

で、11月からはまた通常バージョンに戻るんですが、そのイラストも変える予定です。

 

それがこちら。

 

f:id:rainbow_hamada:20161028150358p:plain

 

この新しいイラストを元に横長に構成します。

 

元々このキャラクターたちは僕が作ったんですが、作った本人はほとんど描いたことがないので、正直言ってたぶん描けないでしょう(笑)

 

ちょうど1年くらい前ですね。

仕事中ヒマだったんで、なんとなく「絵の具」をモチーフにキャラクターを作ったのが始まりでした。

僕の原案とデザインとかはほとんど変わらないのに、それでいて全然違う!(いい意味で)という、絶妙なキャラクターたちに仕上げてもらいました。

 

 

 

もちろん、似顔絵もハロウィンバージョンでお描きします。

詳しくは

studio-rainbow.com

日常と似顔絵業界のちょっと裏事情と未来の話

その1

あんなに痛かった歯がウソみたいに痛くなくなった。

これは逆にヤバいのか!?

まあでも歯医者さんの言う通りにはなったから、たぶんイイんだろうな。

 

 

その2

雨男を自負している僕だけど、ついにその雨男っぷりの自己ベストを更新してしまった!

なんと、ゴミを捨てに行っている間(2~3分)だけドシャ振りという、どう考えても嫌がらせ以外のナニモノでもないタイミングで雨に降られたのだ!

猛ダッシュで家に帰り、そこそこ濡れた服を着替えたりしながら窓から外を見ると、すでに止んでいるという。

「さすがだねー!本当に神様に嫌われてるねー」と奥さんに言われたが、これだけピンポイントに嫌がらせをしてくるってことは、神様は常に僕を見ているということになるので、それはむしろ僕のことが好きで好きでたまらないってことになるのでは!?

 

 

その3

1週間に1回くらいはホームページをびみょ~にいじってる。

もちろん新しいサンプルなどは出来上がるたびに更新してるけど、いじってるのはそこではなく、主にテキストの部分。

 

例えば「この一文はもしかしたら〇〇などと誤解を与えるかもしれない」とか「ここに一言付け加えれば分かりやすくなる」とか。

あまり説明が多すぎても鬱陶しいし、かと言って何も表記しないと誤解を生むし…みたいな試行錯誤。

 

一応、目的を持ってホームページを訪れた人(「ウェディングで描いてほしい」とか)がごく自然な順番でクリックしていけばいつのまにか必要な情報(絵柄、金額、納期、申し込み方法)が手に入るようになっている、という風に設計はしたつもりだけど…それでもこちらが想定していないようなことが起こったりするので難しい。

 

その4

ところで我々「にがおえレインボー」はイベントなどの募集はしていません。

通常、似顔絵師がフリーになると言ったら、とにかくイベント(お祭りとか、住宅展示場とか、各種お店のイベントで似顔絵を描いているアレです)に出まくってお金をいただく。

そのためにそういう斡旋サイトみたいなところに登録したり、他の似顔絵師を通じて仕事をいただいたり。

ところが僕らは今のところ、そういうのは一切やっていない。

 

何故か!?

まあそこには僕の考えがあるんですけど、今は言いません(笑)

もしかしたら、お呼びがかかればシレっとやっちゃうかもしれないし。

 

 

その5

その4と少し繋がる話。

どうやらここ1~2年でフリーになる似顔絵師、つまり所属会社を辞める画家が急増しているらしい。

所属といっても専属契約という名の鎖で縛られるだけの、なんのウマミもいただけない身分なんだけど。

 

アニメーターなんかもそうだけど、僕ら末端の絵描きというのは、どうにもこうにも、なんつーか、使い捨てというか体よく扱われるだけのコマというか…。

僕の知っている範囲でいえば、似顔絵会社(ショッピングモールとかに出店してるアレです)の経営ってもう無茶苦茶なんですよ。経営と呼んでいいのかも分からない。上層部が世間擦れしてないから。

でも雇われてる僕らも世間知らずが多いから成立できちゃってるっていう(笑)

 

そんなだったのが、ほんのちょっと変わってきたんじゃないかなあという印象。

みんな徐々に何かに気づいてきたんじゃないかなと。それは1年前の僕にも言えることだけど。

 

ただその先のビジョンは…みんなどう考えてるんだろう?

僕はそのヒントは「イベント」にあると思ってる。

 

お!話が繋がった!

というワケで、含みを持たせつつ今日のところはこれでお開き!

 

 

 

 

浜田智史のお客様似顔絵(8)/結婚記念日、金婚式

「奥歯の痛みに悩まされている」でおなじみ、どうも僕です。

痛みで涙が出るなんて20年ぶり以上じゃないだろうか!?

涙ちょちょぎれてキッチンでうずくまってました。

 

こういうときに普通は奥さんがうまいことサポートとか面倒みてくれそうなところですが、ウチの場合

「歯痛で苦しんでる僕を見て、奥さんが具合悪くなっちゃった」

という現象(本体が傷つくとスタンドも傷つくというアレです)が起きたため、泣いてる姿なんて見せられるワケもなく…。

 

一応通院中なんですが「一時的なものかもしれないので様子見」って状態らしいんですよね。なんじゃそりゃ!

まあ、歯科事情も色々変わってきているらしく、なるべくなら「抜かない」「削らない」みたいな方向でいってるとかそうじゃないとか。

 

よく分かりませんが、なぜか激痛ということはなくなり落ち着いてきたので、やっぱり様子見……。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161021182753j:plain

 

そんなワケで1枚目です。

結婚記念日のご夫婦の似顔絵です。テーマは「明るく」。

「サンプルのものと同じイメージで、仲の良い感じで」というリクエストがあったので、基本ベースはサンプルと同様にして、腕を組むことで「くっついてる感」を出してみました。

背景の色もサンプル通りというか、僕のいつもの塗り方です。

自分でもよく分からないのですが、いつからか背景に4~5色くらい使うようになってしまいました。うるさくならないようには心掛けてますが…。

 

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161021182752j:plain

 

2枚目は金婚式の似顔絵です。テーマは「落ち着き」。

こちらの背景は落ち着いてますね。ただ自分でも改めて見て気づいたんですが、よく見るとそれでも3色くらいは使ってますね…(^-^;

 

今回のポイントは金色に輝く「金婚式」の字ですかね。本当は金色は使ってませんが…。

字はやはり習字っぽくビシッと描こうと最初から決めてましたので、そういうときは自ずと背景の色(塗り方)も決まってきます。

着物、つまり「和」ということで、あまりポップに派手な色は使うべきじゃないかなと。

 

というワケで、歯の痛みが落ち着いている今こそ、他の作品の下描きやら仕上げやらをやってしまわないと!と思う今日この頃。

 

ところで、似顔絵のご紹介のはずが顔の話には全く触れてませんでした!(笑)

まあ僕の描き方として、写真になるべく忠実に描いていくだけなので、そのへんはあまり言うことはないんですよね…(*_*;

 

 

結婚記念日や金婚式などのお祝いには似顔絵!

ホームページでお待ちしております。

ファミリー、カップル、結婚記念日の似顔絵|にがおえレインボー

 

Saiのウエディング似顔絵(4)

先日に続きSaiのウェディング似顔絵サンプルをご紹介。

 

その前に最近の仕事のお話を。

現在、ご注文数そのものは劇的に変わってはいませんが、制作に時間を要するものが増えてきた気がします。

例えば、背景のご指定だったりA3サイズのペットも一緒のウェルカムボードであったり、1枚に10人近い人数を描いたり…。

 

今のところはまだ「2週間程度でお届け」という状態は保ててはいますが、ツイッターでもチラッとお知らせしたように、今後はどうなるかわかりません。

「一時的に受付ストップ」「3週間(もしくは1ヶ月)でお届け」ということも考えられますので、ご注文は余裕を持ってお願いします!

 

f:id:rainbow_hamada:20161017024638j:plain

 

1枚目は「和装ウェディング」です。

ドレスでも着物でも制作料金に違いはありませんが、ここだけの話、和装の方が手間と時間がかかります!

特に女性の着物の柄がかなり複雑かつ多様性がありますので、どうしてもドレスより手が込んじゃうんですよね。

というワケで、どうせならオマカセではなく「この着物を描いてください」なんて写真を送っちゃいましょう。なるべく忠実に再現しますので。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161017024637j:plain

 

2枚目はA4サイズです。

前回も書いたように、こういう構図というかシチュエーションは僕には描けないかなと。「ケーキの上に乗る」という発想は僕にはないですねぇ。

花も丁寧に細かく描き込んでるし。

 

前回「女性画家は花を描くのが男性より上手い」と書きましたが、ケーキとかぬいぐるみとかも上手いですよね。

やっぱり「かわいい」のアンテナが根本的に男とは違うみたいですね。

 

ちなみに僕はケーキは大好きですが、食べようと思っているところに「かわいいー!!」なんつってスマホで撮影会なんか始まろうものなら、その人を死んだ魚みたいな目で見てしまいます。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161017024636j:plain

 

最後はちょっと変わりダネ。

「手を繋いで引っ張る」というシチュエーションはまあ滅多に描かないというか、ご要望がない限り勝手に描くことはないバージョンですね。

どんな人か分からないのに、こちらの勝手な想像で余計なことを描くようなことはしません。

逆に言えば、ご要望があれば描きますので、よりその人のキャラクターが立つようなアイデアがあればお申しつけいただきたいと思います。

 

 

 

ウェディング、ウェルカムボードは特に余裕を持ってお申込みいただきたいと思います!ご両親への「サンクス似顔絵」も合わせてどうぞ!

詳しくは⇒結婚式用ウェルカムボード手描き制作。送料無料|にがおえレインボー

 

Saiのウエディング似顔絵(3)

ウェディング、ウェルカムボードの似顔絵サンプルをご紹介。

Saiの作品なので、例によって僕の勝手な(?)解説でお送りいたします。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161017024634j:plain

 

まずは、いきなり変化球のこちらの作品から。

実際、イオンモールとかお台場とかの現場を回っていたころに「海の上をパラシュートで飛んでる感じ」という依頼を受けたことがあったらしく、それをヒントに描いてみたそう。

「WELCOME」の描き方が、僕にはない発想でとてもイイ感じ。

 

f:id:rainbow_hamada:20161017024635j:plain

 

続いてはこちら。

シンプルにまとまっていて、オーソドックスなタイプです。

ところで「なぜ男の画家より、女性画家の方が花とか上手なんだろう?」という疑問をSaiにぶつけたのですが、自分で言ったそばから「あー!少女漫画とかでよく出てくるからか!小さい頃から描いてるからか!」と答えにたどり着きましたとさ。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161017024633j:plain

 

最後はこちら。ネコと一緒に。

ほら、花束が妙に上手い(笑)

花束にネコとか入れちゃうって発想も僕にはないですねー。

僕はついつい、現実に即した構図とか動きとかを考えちゃうので。

 

ちなみにウェディングやウェルカムボード似顔絵で「ペットと一緒に」というご要望は少なくないです。

犬やネコをどこにどういう役割を持たせて配置するかっていうのも、難しくもあり楽しいところでもあり…(*^_^*)

 

 

 

ウェディング、ウェルカムボードの似顔絵ならネット通販が超オススメです!

下描き確認も出来て超安心!じっくり時間をかけて作り込んだ1枚をお届けします!

 

ご注文は結婚式用ウェルカムボード手描き制作。送料無料|にがおえレインボー

 

 

 

浜田智史のお客様似顔絵(7)/古希、結婚記念日(沖縄風)

お久しぶりです。

ちょっぴり忙しかったのでブログまで手が回らず…。

そういうときに限って新しいアイデアを思いついたりして、早くやってみたいところなんですが、ご注文の絵を仕上げることが最優先なので。

 

まあ睡眠時間削ればもっと仕事できるとかそうでもないとか、なんて話もありますが…。

あ、歯が痛いんです!だから寝るときとかツライんす~!

ということにしておきませう。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161012002932j:plain

 

以前ご注文いただいた整骨院さんから「新しいスタッフが入ったので」ということで、新たに描かせていただきました。

地味に困ったのが「背景は以前のスタッフのものとかぶらないように」という点でしょうか。

うーむ、もう紫くらいしか残ってないのだけど、紫ってあんまり背景色として使わないんですよねえ、普段。使いどころが難しいというか。

というわけで背景塗るだけでかなり時間使っちゃいました。

 

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161012002934j:plain

 

続いては「結婚1周年記念」の似顔絵です。

今回のご要望はズバリ「背景を沖縄風に」というものです。

沖縄といえば海。そしてハイビスカスですかね。

色紙サイズなので背景を描きいれるほどスペースに余裕はないのですが…そこはこう、工夫とテクニックで、ちゃんとバックに海が広がっているように描くわけです。

 

ちなみに色紙サイズの背景指定は+500円になりますが、これは「色紙サイズならそんなに背景を描くスペースないし、まあ500円くらい追加で…」と料金設定をしたのですが、結局色々と凝ってしまうので手間と時間を考えたらもはやサービスです(笑)

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161012002931j:plain

 

最後は定番「古希のお祝い」の似顔絵です。

今回ちょっと難しかったのが「メッセージやお名前をどこに書くか?」というバランスの取り方ですね。

今回というか、まあいつも悩んでるところではありますが…。

お名前を花のような形で囲むことで画面が窮屈にならないようにしてみました(画像の☆☆☆で隠れてるところにお名前が入っています)。

 

 

 

 

ご注文やその他の似顔絵は「にがおえレインボー」のホームページをご覧ください。

studio-rainbow.com