森達也の手法に唸る「FAKE」 佐村河内氏はこの映画で何を得たか。。。

佐村河内 Fake.gif

「FAKE」を観た。

佐村河内氏の薄暗い自宅での撮影。

ずっと撮ってますけど、
ここからは遠慮して欲しいというところは途中で止めますので
というような許可を取る森達也監督

佐村河内氏はほぼその自宅で
奥さんと愛猫と特に何をすることもなく暮らしている。

ドキュメントのみどころは
甲斐甲斐しく世話をし、
片時も離れない奥さん
そして彼のところに来る訪問客とのやりとり(奥さんの手話を交えた会話)。

訪問客は取材であったり、テレビ出演依頼だったりする。

訪問客のいない部屋で吐露されるのは
彼の本音らしいもの

「偽り」を暴かれてしまい、世間にそっぽを向かれた彼の哀しみ
表に出て信用を得ている新垣さん(やたら調子づいてることも含め)
佐村河内氏を「ペテン師」と書いて本を出した神山さんに対する
割り切れない気持ち、そのくすぶり。

監督との距離は近い。

しかし

それでいて
監督は彼を弁護する意味合いでこれを撮っていないのは明白だ。

巧妙だと思うのは
佐村河内氏側から見れば
「自分の生活を撮って」くれている
「自分の言い分を流して」くれている
「(新垣さんではなく)自分に密着して」くれている
のであり

紛れもなく「監督は自分サイド」
自分を信用しているという錯覚もするだろう。

だからこそ
警戒心の強い佐村河内氏が
ドキュメント映画を許したと思う。

何度か監督が
「私を信用しているか」
「私があなたを信じていると思うか?」
信じてるフリをしてるかも
と訊いたりする。
「…そうであれば僕の責任だ」と佐村河内氏は答えるが、本意ではないだろう。

それによってむしろ
彼は監督を完全に信用してしまったように見える。


だが最後の仕掛けについては
監督がどう持ちかけ、どう納得させたのか。
佐村河内氏も
どんなメンタリティでこれを受け入れ取り組んだのかはだ。

監督が最後の仕掛けを撮ることで
映画として観客をFAKEしたわけだ。
映画としてのオチをつけたのだ。

しかし果たして全てを通じて佐村河内氏は何を得たのだろうか。
少し(?)の出演料と見合うだけの何かがあっただろうか。

佐村河内氏が映画を最後まで観ても
真の狙いまでは読み取れないだろう。
揶揄されてるようには思わないだろうし
森監督もそういう風(一見彼の味方のよう)に撮っている。

豆乳やほっぺ芸、猫を撫でる仕草
彼の人間臭さや妙な愛らしさは可笑しさをさそう。
稀代のペテン師という感じには見えない。

そこも
彼自身は狙っているわけではないだろうが
監督は狙っているのだ。

沿線の電車の騒音
意識的なカメラワークも
ついつい
「聞こえているのか否か」
「反応するのか否か」
見てしまう。

会話を手話で伝える
奥さんとの二人三脚は完璧かどうか
ほころびはないか
疑惑の目で観察してしまうよう仕向けられている。(と思う)

直射日光がダメなはずでは?とか
杖は要らないのですね…
とか報道で観た過去の細かい記憶も蘇る。

映画の流れとしては

聞こえているという疑惑に対して
ほとんど聞こえていない、ゆがんで聞こえるのだ
という訴えから

「新垣氏は全部作ったというが
構想は自分が作ったので共作なのだ
という訴えに移る。

しかし外国人の記者に「作曲したなら証拠を見せて」
「シンセはなぜ捨てたのか」など
厳しく追及され、まいってしまう場面も映し出される。

この映画の中では、
新垣氏や神山氏が「森監督の取材を断った」と説明されており
何か不都合があるのか?
そこをもやもやさせるのも狙いかもしれない。

最後の仕掛け…に興じる彼(と奥さん)は自然だった。

監督の仕組んだ
「演技」をさらりと
いともたやすく違和感なくやってみせたのだ。


それによって
彼(奥さんも含めた)は世間の上に立った気持ちでいるだろうか。
それによって
彼は何かをさらに失ったのではないか。よくわからない。

ただ
監督の狙ったテーマはグレーゾーンだと思う。
「この男はこう言っていて、こう振舞っている」
何がハッキリするということもないが、まあよく考えてくれ

貴方が見たり聞いたりしたことにも
虚構が混じっているかも。
ということではないか。

佐村河内氏は今日もあの部屋にいるのだろうか。

世界的な音楽家という地位も失墜し、
400人いた友人も消え去ったというが
彼を支えているのは
可愛い猫と優しい奥さんなのは間違いない。

イチロー日米通算4257安打達成!!ピートの言動は小物だ。

ichiro9.gif

マイアミ・マーリンズにてついに4257安打達成。
サンディエゴ・パドレスとの試合で初回と9回に安打を放った!
1試合の中で
4256でピートローズと並び、4257で追い抜いたわけである。

記録を意識し過ぎずに
練習から黙々とルーティンを続けていた
ポーカーフェイスのイチローは
16年間の苦悩や孤独感を語り
ここへきてマーリンズというチームが最高にすばらしいと涙を浮かべる。

彼のマイペースや勝利宣言は時に揶揄されたという。
怒らず腐らず、コツコツと記録までの実績を積み上げる。
並大抵のことではなかっただろう。
天才が努力するとこんなに神がかったことになるのだと改めて感じ入る。

で、ピート・ローズ
なんでそんなに大人げないのだ。
日米通算ってのは誰が見てもわかることでそこを声高に言わずとも。
そこに差はあるし、それは承知している。
納得いかないピート信者がエキスキューズとして個々で好きに解釈したらよろし。

大物としては悔しいのを抑えつつ
とにかく「イチローグレイト!」と笑顔で誉め称え
どうしても言いたいなら
「1本目からこっちにいたらなおよかったね」と
こぼすくらいでよかったと思う。

それなのに記録達成に近づくにつれ子犬みたいに
「認めん」「認めん」て吼えて
なんだその小物感。

イチローも彼が喜んでくれたら違ったと。。。

大人気ない記録保持者のことは
気にしないで!!と言いたい。真の大物ではないのだ。

イチローの記録はイチローと日米野球ファンのもの。
そしてこれからも走り続けるイチローに心からの大賛辞とエール!!

延長の末に!!智弁優勝おめでとう!

智弁 村上頌樹.gif

何度もチャンスを作りながら、抑えられる…の繰り返し。
お互い残塁の多い試合運びだった。
1対1のまま…試合は11回へ。

全5試合を一人で投げ抜いたスタミナの強い村上は
バッターとしても大活躍で最後のヒットできっちり優勝へ導いた!
高松の浦も頑張っていたが息切れしたのか11回は三者に初球から打たれる。
なかなか見応えある試合だった。おめでとう!!




強い強いぞ琴奨菊!

琴奨菊.gif

大相撲初場所!

ここへきて全勝(10勝)同士の対決が実現。

大関・琴奨菊と横綱・白鵬の戦い。
気迫の相撲だった。
勢いのついたがぶり寄りで一気に押し出し。
あれよあれよと勝敗が決まった。

嬉しい勝ちだが
ここからが正念場!気合で駆け抜けていただきたい!


意外と人情と正義の人 下町ロケットの財前(吉川晃司)

吉川晃司.gif

てことで
「下町ロケット」
最初の登場からモノモノしい雰囲気を醸し出していた
帝国重工の財前吉川晃司

肩はいわずもがな、ウエストを絞りに絞っており
吉川の代名詞「逆三(▽)」を象徴するフォルムである。

超然とした総統ロボにしか見えなかったので
さぞかし血も涙もない采配をするのだろう…と思っていたら

意外と苦労人であり、
佃製作所の気持ちの入った「ものづくり」への姿勢に胸を打たれてしまうのである。
急激に味方として大きな存在になる財前。

えええ…そんな役柄だったのか。

調合金のような財前がすぐ軟化したのはびっくりだが
まあ主役の佃(阿部ちゃん)にとってはいい風向きだ。

ってことは、後半はずっと人間味の財前で話が進むってことか。。。


さて吉川といえば

あるワンツーパンチ事件で少し引っ込んでいて
その後の復帰から

一皮むけたというのか
なんか「面白い人」にも「熱い人」にもなり

魚に懲りまくって、慣れた手つきでさばいて見せたり
自らのラジオ番組で政権や経団連について持論を以って激しく物申したり
(誰がこんなに政治を語る吉川晃司になると想像しただろう…
今その番組がないのが残念だが、自由過ぎた?)

ミュージカルで日本のシンドラー「杉原千畝」を入れ込んで演じたり
仮面ライダースカル役で子供にもネームバリューを広めたり
番組企画の「無人島サバイバル」にもノリノリで参加

なんだか読めない。
「吉川晃司」はどんどんあらゆる方向に多様化しているのだった。

それは彼が柔軟化したともいえるが
ある種の信念を持って
「芸能人」として生きて行こうという決断をしたともいえる。

白髪も増えた吉川であるが
本人いわく
「いや、昔から多かったよ、染めなくなっただけで」
肩パットと言われることについては
「だからパットなんて入ってないんだって!!」
やや二重っぽくなっている顔のときもあるが
「整形した?って違うよ!年とってまぶた下がってきたの!」

渋くておもろい吉川晃司。
今後も新しい顔を見せてくれるのか楽しみにしていたい。

段々引っ込みつかなく? 紗栄子のお金に特化した話題作り

紗栄子.gif

資産2000億円のゾゾタウン社長前沢氏と熱愛と騒がれた紗栄子だったが
その騒がれ方は「銭ゲバ!」「金目当て」というようなもので
手放しに「華やかな話題」とは言い難い注目のされ方だった。

その後の話で、前沢氏には他の恋人がいるようであり(東スポWeb)
結局両者の話題作りではと言われている。なーんだ。

話題にはなったが、前沢氏も色々掘り起こされ
お互いのイメージが上がったようには思えないが

兎角「2000億円」がいやというほど喧伝された形となった。

そんなに儲かってるんだ。。。というような。

紗栄子はダルビッシュとの離婚の際の揉め方で
「お金にがめつい」印象が抜けないが
少し前に熱愛と言われた大沢伸一氏もお金持ちであり
今回も嘘か真かゾゾタウン。

喜んで話題を作ったなら
もう私は銭ゲバキャラでいいわ!」って
気持ちよく覚悟を決めたのだろうし
本当に熱愛のカケラがあったとしても
それって純粋な愛ですか?って訝らずにいられないものがある。

元々「小さくて可愛いタレント」
以上でも以下でもない紗栄子で
今も本人に特別なウリがあるとは思えない。
しかし生き残れているのには本人なりの戦略ありだ

ダルビッシュに会ったときから野心がフル回転したに違いなく
それが破綻し、さらにゴウゴウとフル回転している。

彼と結婚したときに見た生涯安泰の裕福な夢を捨てきれないのか。
あるいは少しはいじらしく
ダルと聖子にあてつけなのか

「お金持ちと交際している」ことで
自分の価値も上がると考えているとしたら
富豪をモノにするまで紗栄子の旅は続くのだろう。

だが2000億を超える独身お金持ちもそうそういなくて、
あれ以上の騒がれ方はないと見た。
今後の話題作りや、熱愛狙いうちも困難といえよう。

騒がれるのに疲れて
(そんなことは彼女に限ってないに違いないが)
最終的に素性がよくわからない国外の人と再婚する可能性も大きくなるだろう。
引っ込みつかない紗栄子の行く末は?ぼんやり注目していたい。

いよいよ佳境 日本シリーズの天下分け目?ヤクルトに明日はあるか?!

工藤公康.gif

真中満.gif


てことで、ヤクルトをセリーグあんなとこから首位
に導いた手腕の真中監督だが

あのドラフト会議は失笑を禁じえなかった。
しかし、その昔、王貞治氏も同じ間違いをしたということから
もう白紙でいんじゃねーのって思うのだが
どうしてもいるんだろうかハズレにあのドラフトマークは。

公開でやってるんだし当たりはともかく
ハズレくじ自ら仕込む人もあるまいに。
八百長防止どうしても必要なら
箱を透明にして「白いボール」「赤いボール」にした方がハッキリしててよいと思うがどうか。
(しかし金本もなあ~…)

日本シリーズは鷹と燕の戦いとなった。
しかし若鷹軍団~♪って歌あるけど、若いツバメ軍団~とはなかなか歌えないな。

とにかくホークス強すぎるから、ヤクルトファンというわけでもないのだが
わかりやすい
判官贔屓ということで、
ストレートにホークスが勝つ日本シリーズより
3勝ずつあげてからの対決を観たいではないか。

で、ホームであっさり2勝してしまうソフトバンクホークス…
わかるよ。とにかく強いってのは。

そして場所をかえて…声援に背中を押してもらえるか
おとといの神宮球場。ヤクルト苦しい状況からの…
3打数3ホームラン!!!という神がかりは山田哲人サマサマ
それによって5得点を叩き出した功労者であり、流れを一気に変え、
他の選手をも誘発し、1勝をもぎとった。
1試合でこれを成し遂げたのは長嶋越えだという。なんだそれ。偉業過ぎる。まだ23歳、まぶしい!

そんな山田も昨日の4試合目(神宮)は振るわず。。。
(何かとカメラで抜かれていた…仕方ないか)
バレンティンはいつもより頑張ってはいたが、
ギリギリでヤクルトサヨナラならず。ゆうへー!

ということで…ホークス3勝で王手になってしまっているが
なんとか明日につなげて欲しいところである。
真中あのドラフトぬか喜びで運を落としたとは言わせず、もうひとふんばり。