映画評vol.5「運命じゃない人」/パズルのピースを全て埋めてくれる快感!!

f:id:rainbow_hamada:20160818151057j:plain

 

 

「運命じゃない人」(2005年・日本)

 

あらすじ

典型的ないい人・宮田(中村靖日)をはがゆく思っていた私立探偵の神田(山中聡)は、いつまでも前の彼女のことを引きずっている宮田のために、レストランで1人で寂しそうに食事をしている女性(霧島れいか)をナンパするが……。(シネマトゥデイより)

 

 

内田けんじ監督の劇場用長編デビュー作。

内田監督といってもピンと来ない人でも、大泉洋主演の「アフタースクール(2008年)」や堺雅人と香川照之が共演した「鍵泥棒のメソッド(2012年)」という名前ならば、もしかしたら聞いたことがあるかもしれない。

全ての作品で監督、脚本を担当している。

 

 今回僕は(5年ぶりだか7年ぶりだか忘れたが)とにかくひさびさに鑑賞したのだが、

十分面白かった。アニメとギャグと洋画ならコメディくらいしか観ないウチの奥さんでも興奮していたくらいだから、相当じゃないかなと思う。

 

本作「運命じゃない人」は豪華俳優陣を起用した後続作と比べると、低予算ぶりがそこかしこに見られ、若干チープな印象を与えるかもしれない。

が、役者が有名じゃないとか、画が安っぽいとか、そんなものはどうでもいいのだ!結局映画は脚本の出来が良ければ、低予算でも面白いものは面白い!

 

まだ観ていない人がいたら、こんなブログはすぐに閉じて、是非レンタルビデオ屋さんに借りに行くことを強くオススメする。

 

出来れば何も知らない状態で、先入観もなしに、気軽にボケーっと観て欲しい。

かっぱえびせんでもポリポリさせながら、おしりを掻きつつ、力を抜いて、期待度ゼロで。たまに鼻でもほじるくらい気を抜いているなんてのもいい。

最初の30分はそんな状態で観られるかもしれない。が、そこからがこの映画の真骨頂!開始40分あたりできっと「あら、もしかしたら、この映画って面白いんじゃない!?」と身を乗り出し、ついさっきまで鼻をほじっていた自分を恥じ、背筋を伸ばしちゃったりするはずだ。かっぱえびせんは止まらないかもしれないが。

 

 

というわけで、あまりネタバレはしたくないが、すでに観た人のために以下少し内容に触れてみたい。

 

まず、誰もが思うところ(もしくは思わせないところ)だが、「時系列が入り組んでるのに1回の鑑賞で十分理解できる構成力、脚本の巧みさ」が本作の特徴。

「ちょっとでも頭を使いそうな映画とか本などがあれば、いつの間にか姿を消すかマジで頭痛を起こす」でオナジミのウチの奥さんでさえ1発で内容を理解出来ていたのだから、いかに脚本編集が巧いかが分かろうというもの。

 

トリッキーな構成にばかり目が行きがちだが、台詞の言葉選びだったり、ウィットに富んだ男女の会話だったりと、万人受けするバランスの良さもきっちりと持っている。

 

あえて弱点(?)を言うならば、あまりにも脚本を無駄なく作りすぎてしまったおかけで、想像の余地が入り込む隙間がないことだろうか。

これを弱点と言ってしまうのは欲張りすぎなのは分かっているが、例えば2回目の鑑賞時だからこそ気づける「本筋とは関係ない小ネタ」だったり、モブにしか見えなかったのによく見ると重要人物が隠れていたり……とか。

 

なんてことを言いつつも、1回目の鑑賞中の興奮、そして鑑賞後の「パズルのピースがすべて埋まったスッキリ感」は格別だったので…うん、弱点なんかじゃないな。すいませんでした。

 

ちなみにこの後の「アフタースクール」「鍵泥棒のメソッド」も平均以上の面白さ、世間的評価を受け、今のところ「内田けんじにハズレなし!」という印象。

が、作風が少しマンネリ気味という危惧と、あまり多作ではないことがちょっと心配。そろそろ新作が観たいところだ。

 

 

 

運命じゃない人 [DVD]

運命じゃない人 [DVD]

 

 

 

 

映画評vol.4「閉ざされた森」/二転三転四転……もうどうにでもなれ!?

f:id:rainbow_hamada:20160820235357j:plain

 

閉ざされた森(2003年・アメリカ)

 

【ストーリー】

ハリケーンの中、密林で米軍のレンジャー部隊が消息を絶たった。調査にあたった女性大尉オズボーン(コニー・ニールセン)と元レンジャー隊員ハーディー(ジョン・トラボルタ)は生還した2人の隊員から不可解な出来事を聞く……。(シネマトゥデイより)

 

 

※ちょいネタバレ感想です。

 

 

原題は「BASIC」。邦題は「閉ざされた森」。どちらもいまいちピンと来ないタイトルだ。もしかしたら邦題の方は、芥川龍之介の「藪の中」を意識して付けられたのかもしれない。

というのもこの映画自体が、その「藪の中」およびそれを原作とした黒沢明の「羅生門」ととてもよく似た構造を持った作品だからだ。

 

よく似た構造とは、「ある事件が起きたが、当事者たちの証言が全て食い違っていて、一体何が真実で何が嘘なのかが分からなくなっていく」というシチュエーションのことである。

「羅生門」よろしく本作も証言は二転三転…いや五転くらいしながら、観る者を混乱に陥れる。

 

シチュエーションは似ているが、「羅生門」と「閉ざられた森」には決定的に異なる点がある。

前者は人の業やエゴイズムを描いた観念的哲学的な作品であるが、後者はミステリー・サスペンス映画である。伏線があり、トリック(所謂「推理もの」のトリックではないが)があり、しっかりとパズルのピースを与えられ、そしてそれは収まるところにしか収まらないように出来ている(色々と設定上の無理やツッコミどころはあるが)。

当然「真実」は一つしかなく、明確な解答も用意されている…はずなのだが、この映画、そうとも言い切れないのが歯がゆい。むしろ「羅生門」の方が「真実」をきっちりと提示してくれているくらいだ。

 

というのも、本作で語られる証言は全部嘘だからだ!

証言は回想シーンのように描かれているが、これはあくまでも証言を元に主人公が想像した映像に過ぎない。全編通して、我々は本当に現場で起きたことの映像は見せてもらってはいないのだ。

その証言や新たな情報は、二転三転どころか四転五転とするものだから、こっちは「もう何でもいいや!」状態に。

 

最終的にはもちろん「真実」は提示されるものの、それだって「…と思ったら大間違いだ!」とそれこそ主人公に言わせれば、ストーリーは全く異なる形相を呈してくるし、そして実際そのように脚本を付け加えることだって可能だったりする。

劇中に「つじつまが合ってればいい」というセリフが出てくるが、皮肉にもそのセリフがこの映画の本質を突いている気がしてならない。

 

回想や証言で物語が錯綜していく作品は他にも「ユージュアル・サスペクツ」などがあるが、鮮やかなどんでん返しという意味でも「ユージュアル~」の方が一枚も二枚も上手である。

 

とはいえ、10分に1回くらいは起承転結の「転」が訪れる展開はテンポも良く、観ていて退屈するものではない。

例えるなら、引きが上手い週刊連載漫画みたいな味わいだ。「結末なんて作者(編集者)次第でどうにでもなる」みたいなところも似ている。

 

ワクワクしながら週刊連載漫画を読んでいる感覚に近い、という意味では楽しいことは楽しいが、いかんせん肝心の登場人物の顔と名前がなかなか一致させられないのがネックである。

ほとんど人物紹介もないまま暗い密林の緊迫シーンが続くので、この映画のキモである「さっきの証言ではAはなにやってたっけ?Bはあそこに居てCはそのとき…」といった推理や整理がほとんど出来ない。

ウエスト軍曹を「フルメタル・ジャケット」のハートマン軍曹よろしく憎たらしい鬼教官として描く(ミスリードする)ことに注力しすぎた感は否めない。

まあ僕(ら日本人)が外国人の顔を判別できないだけの話かもしれないが。

 

ラストシーンの妙な爽やかさで、何か良質なチームものの映画を観たような気分に浸れる(ほだされる?)ので、後味は悪くない。

 

 

 

 

閉ざされた森 コレクターズ・エディション [DVD]

閉ざされた森 コレクターズ・エディション [DVD]