立ち方、歩き方を変える

F6B89A20-F2BE-496D-BEC6-D75F185CA0D0.jpg

こんにちは、りょうです。

今回から、
・ほぐす
・歪みを取る
・引き締める
の流れの
「引き締める」を取り上げていきます。

腰痛の原因には、
筋力の低下があります。

今回は立ち方と歩き方を変えて
筋力をアップし、腰痛の改善を目指します。

スマホが腰痛にマズイ?
という記事でも書きましたが、
立つ、歩くという動作は
無意識の領域です。

無意識になっている動作を、
再度意識して変えていきましょう!



■立ち方
まず、立ち方です。
O脚の場合は普段の重心が
踵に寄りがちになります。
X脚の場合は
爪先に寄りがちになります。

重心が寄っていると、
歩幅が狭くなりやすいので、
使わない筋肉が衰えていきます。

立ち方は重心を意識し、
お腹を出したり腰を曲げたりせず、
頭から糸で吊られるように立ちます
良い立ち方としてよく言われますね。

脚〜足の裏は内側で立つことを
意識します。



■歩き方
次に、歩き方です。
歩幅を広げて、
これもよく言われるように
線の上を歩くようにします

歩くときの重心が
横にぶれないのが理想的です。

脚の内側を使うことを意識して、
足の裏も内側を使います。
靴の踵が外側から減らないように
歩くことになります。



横にぶれる分かりやすい例として、
列に並びながらゆっくり進むときに、
前にいる人達を見てみて下さい。

みんな横に揺れながら歩いています。
これは歩くときに足が開いて、
重心がぶれているからですね。
こうならないことを
普段歩くときに注意します。



また、意識しやすい部分を
自分で決めるといいでしょう。
僕は、歩くときは腰に効くように
「お尻で歩く」と意識しています。

他には「後ろの足で地面を蹴る」
「さっそうと歩く」などを
意識してみてはいかがでしょうか?



■おまけ
歩くときに肩を動かすことも意識して、
肩こり対策するのもお勧めです!
腕を振るときに肩を後ろに持っていって、
肩こりも改善しちゃいましょう!



今回紹介した内容は
「よく言われること」ではありますが、
腰痛改善という目的と直結させて、
意識していきましょう!

今回も、ありがとうございます!


--------
この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   

他の方の書いた
にほんブログ村 サラリーマンブログ
人気ブログランキング 腰痛ブログ
こちらからどうぞ!