気持ちの揺らぎを想定する

こんにちは、りょうです。

今回は、対策中の
気持ちの変化についてです。

これを想定すれば
腰痛対策するにも
また違うと思いますので、
取り入れてみて下さい!



腰痛改善を始めて
2ヶ月が過ぎました。

後から振り返ると短いんですが
改善に取り組んでいる最中は、
2ヶ月と言っても
長く感じていました。

対策を続けても、なかなか
変化を感じられなかったから
でしょう。



ストレスを感じました。(ー ー;)

頑張ってるのに
何で結果が出ないんだ!

なんて思います。

少し良くなって喜んでいても、
週末に子供を抱っこしてると
また痛くなるので、

ぬか喜びか!変わってない!

と思います。(^_^;)



これには少し苦しめられました。

ちょっと良くなったときに
叩きつけられたように感じて
面白くなかったですね。

腰痛の状態の変化と感情は
こんなイメージです。

6D10D89C-AEA6-4AE6-8973-4021FEBE1908.png



もともと想定していたことは、

・筋肉が関わるから3ヶ月はかかる
・結果はなかなか出ない
・良くなったり悪くなったりする
・飽きたり諦めたくなったりする

この辺ですが、
腰痛の状態のアップダウンが
予想以上に激しくて
なんだかんだ揺らぎました。

これはいろいろなことに
当てはまると思います。

また一つ、経験になりました!



感情の揺らぎも想定すれば、
改善していくときの全体像が
より鮮明になって、
実際の改善につながるでしょう!

今回も、ありがとうございます!


--------
この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   




お尻を鍛える

こんにちは、りょうです。

腰痛改善を始めて
2ヶ月が過ぎました。

今週末は、息子が
うまく昼寝出来たので、
抱っこの時間が
少なくて済みました。

おかげで腰痛は顔を出さず、
快適です!

抱っこするときも腹に力を入れて
腰を守っていました。

腰痛が治るまで、
あと少しでしょうか!



引き続き「引き締める」を
取り上げていきます。

今回は、寝た状態で
お尻を引き締める運動です。



■足と肩でブリッジ

今日は写真を撮ってみました!

D0E12443-9BF9-4C78-B59E-835304E0457A.jpg

こんな感じでやってみて下さい。

・仰向けで寝ます。
・両膝を立てて、足と肩でブリッジします。
・上下にバウンドします。


横になったときにちょっと取り入れてみて下さいね!



腰を守る筋肉が
お腹、お尻、脚
ということを意識して、
続けていくといいと思います。

今回も、ありがとうございます!

--------
この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   

他の方の書いた
にほんブログ村 サラリーマンブログ
人気ブログランキング 腰痛ブログ
こちらからどうぞ!

手軽に脚の内側を鍛える

3A8B3411-C8C9-4C60-B4A2-B0A4F40101B3.jpg


こんにちは、りょうです。

相変わらず週末は、
息子と遊んだり抱っこしたりで
腰が痛くなります(ー ー;)

でも、週の半ばに
回復するようになりました!

回復力がついてきましたね!
だいぶ腰痛改善の
効果を実感できるところ
到達しました。


では、
引き続き「引き締める」を
取り上げていきます。

今回は、立っている状態で
仙腸関節の緩みを
引き締める運動です。



■やり方

・真っ直ぐ立った状態から、
脚をクロスし、
今回の画像のようにします。
・両膝は伸ばして、両足で立ちます。
・太もも同士を押し付け合います。
・お尻も締めて10秒ほどキープ。
・前後の脚を替えて繰り返します。

これに加えて、
お腹も締めるといいですね。

これは前回の記事でも
書いた通りですが、
常に心掛けておくといいでしょう!



そして、この動作もまた
いろいろな場所でできます。

ちょっと普通の動作とは
違いますが、外でやっても
そんなに気にして見る人はいないので
腰痛を治すために
どんどんやるといいと思います!

もちろん、
家の中でも手軽にできるので、
これは継続しやすいでしょう!


今回も、ありがとうございます!

--------
この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   

他の方の書いた
にほんブログ村 サラリーマンブログ
人気ブログランキング 腰痛ブログ
こちらからどうぞ!



腹側・内側の筋肉を鍛える

1EE0786F-0976-4887-A449-3A33C7C1FFCA.jpg
しっかり立つよ〜


こんにちは、りょうです。

引き続き「引き締める」を
取り上げていきます。



O脚で背中側がこっている
腰痛の場合、
背中側、外側の筋肉が緊張し、
お腹側、内側の筋力は低下しています。

今回はまたお腹の筋力アップ、
そして脚の内側の筋力アップで
腰痛改善を目指します。

お腹、お尻、脚の筋肉は
腰を守る役割をするので、
これらの筋力をアップして
腰痛からオサラバしましょう!



片足に体重をかけて立つと、
軸足の内側の筋肉は楽になります。

姿勢悪く座ると、
お腹の筋肉は楽になります。

いつも楽をすれば、
筋力は衰えます。

姿勢は一日中
継続するものですので
立っているときも座っている時も
お腹を締めながら座り、
内側の筋肉を使い続けるのが
正常と言えますので、
これらを意識します。

■立っているとき
・腹に少し力を入れて締める
・脚の内側を使って立つ

■座っているとき
・腹に少し力を入れて締める
・膝の内側に少し力入れて締める


あとはこれらを事あるごとに
思い出して、
緩んでいたら締めます。

座っているときは、
膝の間にクッションや
ボールなどを挟むといいです。

会社でクッション挟んでると、
目立つんですけどね(^_^;)

でも、腰痛なのは皆
分かってると思うので、
大して気にしていない
思っています!



では、引き締めることが
当たり前になるまでやりましょう!


今回も、ありがとうございます!

--------
この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

他の方の書いた
にほんブログ村 サラリーマンブログ
人気ブログランキング 腰痛ブログ
こちらからどうぞ!


座っている時間で腰痛改善 [気付かれずにできる筋トレ]

EB9DD814-1549-4CF3-A932-9CFF79C71FBB.png

こんにちは、りょうです。

引き続き「引き締める」ことについてです。
腰痛の原因となる低下した筋力を
いかに鍛えるか考えます。



筋トレと言えば
どこか時間を取ってやるとか、
床でやるとかそんなイメージです。

これが続く人は、
どんどんやるといいでしょう。

しかし、
僕のように筋トレが続かない人
どうするかですが、(^_^;)
筋トレの時間をわざわざ取らない
鍛えればいいですね!


ということで、
座っている時間を使って腹筋を鍛えます。

以前の記事「コメントのご紹介」で
会社でも気付かれずにできる筋トレ
ブログに載せると書いたのですが、
今回はそれです。

会社に限らず、
座っているときにどうぞ!



■やり方

座っているときに、
足を床から上げます

これだけです。。。
方法と言うような
大それたものではないんですが。
(^_^;)

どちらかと言うと、
腹筋を鍛える方法というより
いつやるか、どこでやるかの
発想を変えて継続するという視点
ご紹介しています。



■ポイント

実際にやるときのポイントですが
腹筋を鍛えるための運動なので、
ただ足を上げるだけでなく
腹を縮めます

手は机や椅子に突くといいです。

腹筋を鍛えることを意識して足を上げ
腰痛を治す意気込みで
取り組むことですね!



この鍛え方は手軽です。
効果を出せるなら
手軽な方がいいですよね!

今回も、ありがとうございます!

--------
この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   

他の方の書いた
にほんブログ村 サラリーマンブログ
人気ブログランキング 腰痛ブログ
こちらからどうぞ!



立ち方、歩き方を変える

F6B89A20-F2BE-496D-BEC6-D75F185CA0D0.jpg

こんにちは、りょうです。

今回から、
・ほぐす
・歪みを取る
・引き締める
の流れの
「引き締める」を取り上げていきます。

腰痛の原因には、
筋力の低下があります。

今回は立ち方と歩き方を変えて
筋力をアップし、腰痛の改善を目指します。

スマホが腰痛にマズイ?
という記事でも書きましたが、
立つ、歩くという動作は
無意識の領域です。

無意識になっている動作を、
再度意識して変えていきましょう!



■立ち方
まず、立ち方です。
O脚の場合は普段の重心が
踵に寄りがちになります。
X脚の場合は
爪先に寄りがちになります。

重心が寄っていると、
歩幅が狭くなりやすいので、
使わない筋肉が衰えていきます。

立ち方は重心を意識し、
お腹を出したり腰を曲げたりせず、
頭から糸で吊られるように立ちます
良い立ち方としてよく言われますね。

脚〜足の裏は内側で立つことを
意識します。



■歩き方
次に、歩き方です。
歩幅を広げて、
これもよく言われるように
線の上を歩くようにします

歩くときの重心が
横にぶれないのが理想的です。

脚の内側を使うことを意識して、
足の裏も内側を使います。
靴の踵が外側から減らないように
歩くことになります。



横にぶれる分かりやすい例として、
列に並びながらゆっくり進むときに、
前にいる人達を見てみて下さい。

みんな横に揺れながら歩いています。
これは歩くときに足が開いて、
重心がぶれているからですね。
こうならないことを
普段歩くときに注意します。



また、意識しやすい部分を
自分で決めるといいでしょう。
僕は、歩くときは腰に効くように
「お尻で歩く」と意識しています。

他には「後ろの足で地面を蹴る」
「さっそうと歩く」などを
意識してみてはいかがでしょうか?



■おまけ
歩くときに肩を動かすことも意識して、
肩こり対策するのもお勧めです!
腕を振るときに肩を後ろに持っていって、
肩こりも改善しちゃいましょう!



今回紹介した内容は
「よく言われること」ではありますが、
腰痛改善という目的と直結させて、
意識していきましょう!

今回も、ありがとうございます!


--------
この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   

他の方の書いた
にほんブログ村 サラリーマンブログ
人気ブログランキング 腰痛ブログ
こちらからどうぞ!

重要なのは○○法?時間を取ること?

A3794CA2-D277-47AA-A628-9FBE9A9B852D.png

どれが効くんだ?


こんにちは、りょうです。

前回の「いつも全部はやりません」では、
腰痛改善の対策継続の話で
ライフスタイルに細かく組み込んで
仕事の合間や家事の合間に
やることがよいとお伝えしました。

それに関連して、
・改善の手法
・ポイントとなるところ
について考えてみます。



世の中には、ストレッチの方法も
腰痛の治し方も山ほどあります。

その中には、
他で見たことあるな〜というものも
多々あります(^-^)

似通ったものは、
理にかなっているからでしょう。
だからこそ、
「この手法でなければ治らない」
ということはないと思いますので、
どれがいいかというのは
重要なことではありません。

ダイエット方法なんかもいい例ですね(^-^)



治し方として紹介されるものの多くは
情報を充実させるために、
複数の部位に効果のある
対策をいろいろと紹介します。

「□□だけで治る○○法」といった本にでも
載っているのは「□□」だけということは
ないはずです。

すると、腰痛持ちとしては
いろいろやらないと
いけない気がするものですね。
(^_^;)

しかし、腰痛の人が全員同じように
取り組めるわけではありません。
いろいろとやれば当然
時間がかかります。

そもそも時間をとっていろいろと
やらないといけないのかと言うと、
ポイントはそこではないでしょう。

一旦、時間を取るとか
いろいろとやることから離れて、
もう一度
自分の身体がどうなると良いのか
考えてみましょう!



自分の身体は、
・コリがほぐれて
・柔軟性を持ち
・筋力がアップすれば
腰痛は改善するはずです。

筋肉の緊張が
コリとして残る前にマメに解消すれば
むしろ理想的です。

コリの解消も、柔軟性、筋力アップも
結局は身体のいろんなところを
動かすことです。



ということで、
生活の中に組み込める
腰痛改善のための動作をどんどん
取り入れることが、
やはり改善につながるはずです!

時間をとってやるよりも
続きやすいですし!



次回から、主に筋力アップを狙う
「引き締める」についての
取り組み方法をご紹介しますが、
生活の中で実施できるものを
中心にしようと思います!

今回も、ありがとうございます!


この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   

他の方の書いた
にほんブログ村 サラリーマンブログ
人気ブログランキング 腰痛ブログ
こちらからどうぞ!